ゴッホ テオ 手紙

Add: elasuzib73 - Date: 2020-11-29 11:55:17 - Views: 6973 - Clicks: 5897

ゴッホからの手紙を読んでいくテオをドラマ風に演じつつ、ゴッホや同時代の画家たちの作品に声で彩りを添える。 今回はその小野さんに、ゴッホ展の魅力や音声ガイドの聴きどころなどをたっぷりと語ってもらった。. . ゴッホの書簡(3) ファン・ゴッホから妹ヴィル宛ての手紙(1888年9月9日と16日) テオは君に日本版画をあげたと手紙に書いてきた。それはたしかに現に色鮮やかな明るい絵画がどういう方向をとったか、それを理解できるようになる実際的方法だ。. 19世紀末に活躍した画家ヴィンセント・ヴァン・ゴッホ(フィンセント・ファン・ゴッホ)は、今ではフランスのポスト印象派を牽引した有名な芸術家であると認められていますが、生前はあまり絵が売れたことがなく、ほとんど弟のテオドルス・ヴァン・ゴッホ、通称テオからの仕送りによって生活していた、当時は「うだつの上がらない画家」として苦悩の人生を送っていました。 おそらくは、自分の作品が現代では100億以上の値段がつき、ルーブル美術館をはじめとした世界中のギャラリーに展示されるような名画になるとは思いもよらなかったでしょう。あるいは、いつか必ず自分の絵が日の目を見ることが来ると確信していたからこそ、絵画制作を続けていたのかもしれません。 ゴッホが画家として活動をしていたのは、早くて1881年から、拳銃自殺をした1890年のわずか9年間。生まれてこのかた芸術家としての人生を歩んだピカソのような人物とは異なり、37年という短い人生の果てに画家となった人物です。 就職も受験もうまくいかず、テオの支援を受け画家として活動するようになってからも、中毒性の高く幻覚作用のある酒であるアブサンに依存したり、娼婦宿に通い、神経発作で錯乱して自身の耳を剃刀で切り落とすなどの狂気の沙汰をみせ、激動の人生を送ったゴッホ。その色彩は、暗闇に浮かび上がる光りのまばゆさを感じさせます。 そのように、悲惨な人生のなかに希望を見いだすことがあったのでしょうか。まずは、映画化もされているそのゴッホの人生について、いま一度おさらいしてみましょう。 ヴィンセント・ヴァン・ゴッホ(Vincent Van ゴッホ テオ 手紙 Gogh)は1853年、オランダ南部のズンデルトに、6人兄弟の長男として生まれました。聖職者の父を持ち、16歳の時に画商グーピル商会(Goupil & Cie)に勤務しますが、7年の勤務ののち解雇されます。 そののち、父のように聖職者の道を目指し、アムステルダムの神学校に入学を試みるも、受験科目の多さに挫折。1881年ごろから、同じようにグーピル商会に勤め安定していた弟のテオの金銭的支援を受けつつ、画家として絵画制作をするようになります。 はじめ、ゴッホは現代に知られているような鮮やかな色彩の絵ではなく、当時のオランダの「ハーグ派」という写実様式の作家であるアントン・マウフェに習い、くすんだ色合いの絵を描いていました. ゴッホ・ボンゲル, 硲 伊之助作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。.

1853年、オランダに生まれたゴッホは、てんかん、あるいは総合失調症などの病気を疾患していたのではないかと考察されています。自身の耳を切り落とした「耳切事件」も、何らかの発作によるものであるという説が濃厚です。なぜゴッホが耳を切り落とすほどの激情に駆り立てられたのか、その半生を追いつつ耳を切った理由を紐解いていきましょう。 画家を志す以前のゴッホは、はじめは「グーピル商会」という画商で働きますが挫折。続いて父の影響から聖職者を目指しますが、神学校の受験も上手くいきませんでした。それらの原因も、ゴッホが持っていた気難しいメンタルが影響していると考えられます。. ゴッホは弟のテオに頻繁に手紙を書いており、芸術活動に必要なお金の無心などもしていますが、その内容は理性的であり積極性が感じられる. ゴーギャンとの共同生活を経て、精神的に追い詰められたことで錯乱し、耳を切り落としたファン・ゴッホ。ゴッホはゴーギャンとの共同生活をするためにアルルの黄色い家を借りたといい、そしてゴーギャンが共同生活の提案を受け入れてからというもの、ゴーギャンがアルルまで引っ越してくるまでに、彼に見せるための「傑作」を生み出そうとしました。 そのことから、ゴッホはゴーギャンとの生活を非常に楽しみにしていたということが伺えます。ポスト印象派を中心とした芸術家達のコミュニティーを作ることを計画していたこともあり、他の画家たちとの交流はゴッホにとって数少ない希望であったはずですが、共同体の計画も頓挫、ゴーギャンとも訣別してしまったことで、ゴッホは孤独の海に沈むのです。 ゴーギャンを迎える時のために描いた、ゴッホがアルルで描いた絵画のなかでは、アルルの一角に佇む《黄色い家》や、《ゴッホの寝室》《夜のカフェテラス》が有名です。 ゴッホ テオ 手紙 また、ゴッホとゴーギャンとの関係性が表れた作品として代表的であるのは1888年に11月に描かれた《ゴーギャンの肘掛け椅子》という、ガス燈とろうそくに照らされた木製のアームチェアの描かれた絵画。同タイミングで描かれた、対になる《ファン・ゴッホの椅子》の絵の、自然光のなかで描かれたと思われる色彩とは画面のトーンに大きな差があります。 ゴッホとゴーギャンはその絵画にかける価値観が対象的で、ハーグ派の写実主義の絵画の模写から始まったゴッホが「現実」の風景や目に見えるものを描いたことに対し、ゴーギャンが描こうとしたのは原始への憧れや人間の理想などの「想像」の世界。 陽の光の中に描かれた、愛用のパイプの置かれた《ゴッホの椅子》と比べ、《ゴーギャンの椅子》の画面にある、暗い部屋に置かれた椅子とそれを照らす灯りは、ゴーギャンの夢想の世界とその理想を表すかのようです。また、座る人のいなくなった椅子を描くことは「芸術の喪失」を意味するとゴッホは述べており、これらの絵はゴーギャンに対する皮肉であるとともに、自分に対する失望の念も表しているといわれています。 ゴッホがアルルの家の屋内で描いた絵にはまた、《ゴッホの寝室》があります。この絵はゴーギャンが黄色い家に暮らす前に描かれたものをはじめとして、同じテーマで3作品描かれました。残りの2作品は、剃刀で耳を切り落とす前、発作で精神病院に入院. ゴッホの「光」であり、日差しの強い南仏の太陽とユートピアの象徴と例えられるゴッホの《ひまわり》は、現在世界中の美術館で展示され、日本でも常にそれを鑑賞することができます。 損保ジャパン日本興亜美術館では、「対話による美術鑑賞会」というかたちで一般の方向けに作品の解説付きで館内の《ひまわり》を鑑賞することができるでしょう。 ゴッホの描くひまわりは、ゴッホにとっての希望の象徴であり、またゴーギャンを追想するものでもありました。ゴッホと袂を分かったゴーギャンも、晩年のころにゴッホに向けたオマージュとしてひまわりの絵を描いていることから、ひまわりはまたゴッホ自身を象徴する花としても捉えられています。 ちなみに、ゴッホが描いたひまわりの品種は一重咲きと八重咲きの二種類が混合したもの。現在、花屋では「ゴッホのひまわり」としてその絵画に描かれたものと近い品種が売られていることがあるので、陶器の花瓶に活けて青い背景に置けば、まるでゴッホの《ひまわり》が現実に飛び出したように飾るのもいいかもしれません。 また「ひまわりの画家」として、精神の脆かったゴッホが苦しみの末に描いた絵画に用いた、言うなれば「魂を分けた」パレットは、現在オルセー美術館に展示されています。. 世界的に知られている名作であるゴッホの《ひまわり》は、実は身近な日本の美術館でいつでも見ることができます。もちろん、まごうことなき本物の《ひまわり》の絵であり、バブルの時代に日本の損害保険会社である損保ジャパンがオークションで競り落としたもの。 損保ジャパン日本興亜美術館が所蔵する《ひまわり》は、ゴッホの「耳切り事件」の数週間後の1889年にサン=レミの療養院で静養中に描かれました。アルルで2作目に描かれた《ひまわり》の模写であり、画面全体が黄色のトーンで描かれ、おそらくは日本の美術の教科書でも見かけたり、人によっては感想文を書かされたことがあるのではないでしょうか。 損保ジャパン日本興亜美術館は1976年、西新宿に開設されました。運営する公益財団法人損保ジャパン日本興亜美術財団は、展覧会の開催や新鋭作家の支援、また「対話による美術教育」という活動の促進を行なっているもの。 そして日本で唯一、ゴッホの《ひまわり》を購入し所有する美術館としてその名を知られています。ゴッホの作品はポスト印象派の中でも最も人気であり、ほとんど毎年開催される「ゴッホ展」では、来日する他のゴッホ作品の中にこの損保ジャパンが所蔵する《ひまわり》を見ることもできるでしょう。 また、実は日本はもともと損保ジャパン日本興亜美術館のものを含めて2作品のひまわりの絵を所有していたということをご存知でしょうか。その所有者は兵庫県は芦屋の実業家で、1920年にスイスで購入したものといわれています。そうして「芦屋のひまわり」として地元市民に親しまれていましたが、残念ながら第二次世界大戦の戦火で消失してしまいました。 「芦屋のひまわり」は、ゴッホがアルルで制作した5輪のひまわりの絵であり、稀少であったはずですが、戦争のために失われてしまったことが残念でなりません。全部で7作品あったゴッホのひまわりの絵は、現在世界に6作品残されています。. 物語は、青年アルマンが郵便配達員である父ジョゼフから一通の手紙を受け取るところから始まる。ジョゼフは、ゴッホが弟・テオに宛てた手紙を長い間配達していたが、生前最後に送った手紙だけを渡せずにいた。 この手紙を託された青年アルマンは、テオを尋ねる旅を始める。ゴッホの知人を尋ね歩き、アルルからパリへ、そしてゴッホが最後の日々を過ごしたオーヴェル=シュル=オワーズへと渡る。 ゴッホの知人と出会う度に浮かぶのは、「37歳という若さで、彼はなぜ命を絶たなければならかったのか?彼は本当に自分の腹を銃で打ち自殺したのか?」という疑問。心を激しく揺さぶられたアルマンは、死の真相を知るために動き出す。.

主人公アルマン・ルーランの吹き替えを担当した俳優・山田孝之にインタビューを実施。前代未踏とも言える制作過程から生まれた、映画『ゴッホ〜最期の手紙〜』に対する思いについて話を聞いた。 Q. 「ゴッホ〜最後の手紙〜」() ある日、郵便配達員ジョゼフ・ルーラン(クリス・オダウド)の息子アルマン(ダグラス・ブース)に、パリへ送付する1通の手紙が委ねられる。その手紙は父の友人であり、自ら死を選んだ画家ゴッホが弟のテオに宛てた. ここで、ゴッホがなぜ《ひまわり》の絵画を多く手がけたのか、解説していきましょう。ゴッホが描いたひまわりの作品は、全部で7枚。3輪のひまわりが1枚、5輪のひまわりが1枚、12輪のひまわりが2枚、最も有名な作品を含む15輪のひまわりが3枚です。 アルルで描かれたひまわりの作品は、ゴーギャンとの共同生活に向けて部屋を装飾するために描かれたもの。黄色い家の内部は、《アルルのゴッホの寝室》の絵画からも分かるように水色の壁で統一されており、黄色いひまわりの絵をその壁に飾ることで、ゴッホの絵画に見られるような色彩のシンフォニーを生み出そうとしたのです。 これらのひまわりの作品に使われたのは、「クロムイエロー」という当時の新作の絵の具で、クロム酸鉛を主成分とした彩度の高い黄色です。ゴッホはこの黄色を、《夜のカフェテラス》などの他の作品にも使用しており、ゴッホ作品の特徴ともいえるこの黄色を、よりまばゆく描くために色彩のバランスを工夫しています。 クレラー・ミュラー美術館所蔵の《夜のカフェテラス》は、名探偵コナンの映画「探偵たちの鎮魂歌」でも登場する人気作品。この絵では、夜空の闇と対照的に、人々の集うカフェのテラス席の煌々と輝く明かりが視界にに飛び込んで来ます。画像にあるように、ゴッホの黄色は他にも《沈む太陽と種を蒔く人》の太陽の表現にも使っています。つまり、ゴッホはクロムイエローを「光」の表現として使用していたということとも考えられます。 また、アルルで芸術家たちの「ユートピア」の拠点とするために借りた《アルルの黄色い家》の絵画も、クロムイエローが使われています。ゴッホの黄色は、ゴーギャンとの共同アトリエを彩るための《ひまわり》や、画家たちの理想郷である《黄色い家》という、悲惨な人生を過ごしたゴッホの数少なかった希望を象徴するカラーなのかもしれません。 ゴッホのひまわりについての感情はテオへの手紙の中でもあまり多く語られていませんが、自ら多く模写をしていたこともあり、ゴッホの自信作であったことがわかっています。現在も、ゴッホの《ひまわり》は代表作として世界中に知られています。 ゴッホの《ひまわり》は、アルルで描かれた4作品、そして耳切り事件のあと、サン=レミで描かれた3作品。それらサン=レミの3作品はそれらはまたゴーギャンのために描いたという説もあり、ひまわりの作品が全てゴーギ. テオの入社前年まで、伯父フィンセント・ファン・ゴッホ2世(通称セント)が経営陣に参加していた)に勤め、パリのモンマルトル大通り店の経営を任された 。親兄弟と確執関係にあったフィンセントの唯一の理解者で、兄に生活費を援助するなどして. 125名の画家がゴッホタッチで描いた62450枚にも及ぶ油絵を基に作られたアニメーション。ゴッホが弟テオに書いた手紙で「我々は自分たちの絵に. ゴッホ・ボンゲル, 硲 伊之助のゴッホの手紙 中 テオドル宛 (岩波文庫 青 553-2)。アマゾンならポイント還元本が多数。ヴァン・ゴッホ, J.

だが弟のテオが、ゴッホの死後まもなく後を追うように亡くなり、手紙を渡すことができなかった。 アルマンは、手紙のしかるべき受取人を探して、ゴッホが最期の10週間を過ごしたオーヴェル=シュル=オワーズへと旅することになる。. Amazonでヴァン・ゴッホ, J. · 実はオランダのファン・ゴッホ美術館にはテオへの手紙が保管されているそうです。 保管されている819通のうち、テオに宛てたものは651通とか。その手紙から、この「Letter from THEO」という名前をつけています。 あれ、「Letter ゴッホ テオ 手紙 from Vincent」じゃないの?. ゴッホは作品だけでなく、膨大なテキストも手紙を介して残している稀有な作家とも言えます。 弟のテオへ宛てた手紙や画家仲間に送ったスケッチ入りの手紙など約1750通も現存しています。. 映画『ゴッホ〜最期の手紙〜』の面白さはどこでしょうか。 映画の作り方としては、とても挑戦的。何よりもまず、よくやったなって思いました。実写で映像を撮って、その声や表情をもとに、100人以上の人たちがゴッホタッチで62,450枚の絵を描く。出来上がったアニメーションの吹替版用に、さらに声をあてて. ただしテオがゴッホに金を渡そうとしたのは、これが最初ではありません。 それは1874年3月30日(書簡15)の手紙で、ゴッホの誕生日に「贈り物の代わり」としてテオが家族に1グルデンを預け、その金が実家からゴッホに送られてきたと書いてあります。.

最近は、様々な作品で声優を担当されていらっしゃいますが、映画『ゴッホ〜最期の手紙〜』に携わったきっかけは? 実は、公開するよりずっと前に、Facebookに制作過程の記事が流れて来て、知っていたんです。その時、すごく面白い映画だなって思っていて。時間が経って日本に上陸するって決まった時に、吹き替え版を作るからって話をいただいたんです。 Q. ゴッホの絵画は暗かった?~ 暗から明へ。ゴッホはいかにしてゴッホになったのか~上野の森美術館で、ポスト印象派(後期印象派)を代表する. 僕は、こうした感情が嫌いじゃないよ (ゴッホからテオへの手紙より) (オーヴェルの教会 画:ゴッホ 1990年 ) ゴッホは1890年若者から盗んだ拳銃で、自分の胸に狙いを定めて引き金を引いたのでした 。即死ではないものの、そこから一気に衰弱。.

Amazonでテオ・ヴァン・ゴッホ, 式場 隆三郎のテオ・ヴァン・ゴッホの手紙―兄ヴィンセントへの手紙 (1952年) (近代文庫〈第27〉)。アマゾンならポイント還元本が多数。テオ・ヴァン・ゴッホ, 式場 隆三郎作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。. フィンセント・ファン・ゴッホは、オランダ生まれの画家。日本の浮世絵にも関心を示し、パリ、アルル、オーヴェル=シュル=オワーズとフランス国内を旅する中で、≪ひまわり≫、≪星月夜≫、≪日没の種まく人≫など数々の名作を生み出していった人物だ。 しかし、ゴッホの絵画が評価されたのは死後。生前はたった1枚の絵しか売れず、耳切り事件や精神病院送りなどといったスキャンダルから“狂人”といったレッテルを貼られ、孤独な人生を歩んでいた。 これまでゴッホを主人公とした伝記映画は優に100本以上制作されているが、映画『ゴッホ〜最期の手紙〜』は、天才画家の死の謎について迫る、新しい切り口の映像作品。 物語のキーとなるのは、4つ下の弟・テオへ宛てた手紙だ。芸術家を目指すべきだとゴッホにアートの道を勧め、画材を含め制作活動を支えたテオ。彼への想いを綴った一枚の手紙をヒントに、ゴッホの死の真相を紐解いていく。. この作品は、ゴッホが弟のテオへ宛てた手紙(計700通)についての評論です。 小林秀雄は手紙の集積を告白文学として捉えています。 ですので、「自分の気持ちを正直に伝えること」をテーマに評論は進みます。. 正気の画家だと伝える本です. 油絵の原型となった実写版には、豪華俳優陣が集結。主人公アルマン・ルーランを『ノア 約束の舟』のダグラス・ブースが、ゴッホをロベルト・グラチークが演じる。『アリス・イン・ワンダーランド』のエレノア・トムリンソン、『つぐない』『ラブリーボーン』のシアーシャ・ローナン、ジェローム・フリン、クリス・オダウドなども出演し、スリリングな謎解き物語を繰り広げていく。. . ゴッホは弟のテオと友人のベルナールに膨大な手紙を書き送っている。 弟のテオも決して裕福ではなかったが兄フィンセントを経済的に支援した。 また、ベルナールはゴッホより年若だが何かと展覧会などの相談相手になっている。. 出来上がった作品を観ていかがでしたか。 字幕版と吹替版、どっちも見て欲しい。というのも、僕は(吹替版に)若干違和感を感じたんです。 映画『ゴッホ〜最期の手紙〜』は、役者さんが芝居をしているのをカメラに撮って、その映像をもとに絵を描いているので、出来上がったアニメーションは、芝居の仕方、間の取り方、喋り方、全てが自然なんですよね。そこに(吹替用の)声をあてるってなると、いい意味での不自然さがあって。 日本の方たちって、昔からアニメとかで声優さんたちの吹き替えに慣れていますよね。プロの声優さんは、抑揚をつけるんです。わかりやすく例えると、テレビの芝居と舞台の芝居の違いのような。 今回は、僕とイッセー尾形さん以外皆プロの声優さんたち。なので、そのやり方で皆さん声を当てていくわけです。そうすると、僕の声はちょっと浮いてしまうなって、観ていて正直思いました。心残りはないですが、日本での吹替の難しさを感じました。.

ゴッホ美術館によれば、現存するファン・ゴッホの手紙は、弟テオ宛のものが651通、その妻ヨー宛のものが7通あり、画家アントン・ファン・ラッパルト、エミール・ベルナール、妹ヴィレミーナ・ファン・ゴッホ(通称ヴィル)などに宛てたものを合わせる. 吹き替え版では、山田孝之&イッセー尾形が声優を担当。主人公アルマン・ルーラン役には、『闇金ウシジマくん』シリーズや、『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』など話題作に出演している俳優・山田孝之。 父・ジョゼフは『沈黙-サイレンス-』のイッセー尾形が担当する。彼は自作の指人形劇でファン・ゴッホとその友人たちを一人芝居で演じており、ルーラン役に関して「トボけた味の愛すべきキャラクター。映画では彼が物語の原動力になります。」とコメントしている。. ゴッホの弟が兄にあてた手紙には、芸術の本質があります!ゴッホが精神病院に入っている時、弟のテオは兄に向けて絵画に関する重要な言葉を残しました。それは一体何か?弟のテオが書いた手紙には芸術の本質が語られていたのです!筆者はゴッホの弟の手紙に感銘を受けたので、強烈に. - ゴッホの弟テオへ宛てた手紙より I see drawings and pictures in the poorest of huts and the dirtiest ゴッホ テオ 手紙 of corners. 弟テオや友人に宛てた手紙の中で、ゴッホは日本美術について熱く語っています。 みんな日本の絵が好きで、その影響を受けている-これは印象派画家ならみんな同じこと、それなのに日本へ、つまり日本に相当する南仏へ行こうとしないだろうか。. ゴッホは、ゴーギャンと訣別した悲しみ、あるいは自責の念やストレスから自分の耳を切るという狂気の行動をし、その果てに錯乱したままその耳の破片をアルルの娼婦に宛てて送り届けたという、飛び抜けてクレイジーな逸話が残されています。 耳を切り落としたのち、包帯で巻かれた自身の自画像《包帯をしてパイプをくわえた自画像》は、耳切り事件と関連するゴッホの晩年の作品として有名ですが、切った耳を娼婦に送りつけるというサイコパスなエピソードはそれほど知られていません。 切った耳を送った相手の娼婦の名前は、ゴッホお気に入りの娼婦ラシェル、もしくはガブリエル・ベルラティエといわれています。アブサンか他の酒で酔っ払っていたと思われる当時のゴッホは、血まみれの耳たぶの肉片を持って、そのお気に入りの娼婦にプレゼントしに売春宿へ向かいました。 黄色い家に帰ったゴッホは出血多量のため意識不明となりますが、血まみれでアルルを徘徊していたゴッホを見た近隣住民の通報により、警察官により自宅で発見されて一命を取り留めます。 そして当時の新聞に耳切り事件は掲載されますが、記事にはヴァンサン・ヴォーゴーグと名乗る画家が娼婦に「これを大事にとっておいてほしい」と耳たぶの入った小箱を渡したと書かれます。「ヴァンサン・ヴォーゴーグ」とはオランダの名前である「ヴィンセント・ヴァン・ゴッホ(Vincent Van Gogh)」のフランス語の読み方。 ゴッホはアルルに静養に来たはずですが、娼婦宿に通い、浴びるように酒を飲むなど、荒んだ生活が続いたせいで精神錯乱に陥ったとも考えられています。また、ゴッホはオランダで暮らしていた時代から娼婦に入れ込むことがあり、うらぶれた生活の中で娼婦と孤独感を共有していたことで、切り落とした耳をお気に入りのひとりに送ったのかもしれません。 こうしたゴッホの狂乱の人生は数本の映画作品でも見ることができます。一説には、ゴッホとゴーギャンがその娼婦を巡って口論していたこと、耳を切り落としたのはゴッホ自身ではなくゴーギャンであるなどの推測もされていますが、真相は未知のままです。.

ゴッホやその家族、ポール・ゴーギャンらに扮(ふん)した俳優が語るせりふは、いずれも実際に手紙に残されている言葉ばかり。中でも、金銭的にゴッホを支援していた弟テオとのやりとりが胸を打つ。 波乱に富んだゴッホの生きざまに迫る。 ゴッホ美術館によれば、ゴッホが書いた手紙で現存するものは819通あり、そのうち弟で画商だったテオドルス・ファン・ゴッホ(通称テオ)に宛てたものが651通、さらにそのうちテオとその妻ヨハンナ・ファン・ゴッホ=ボンゲル(ヨー)の2人に宛てたものが83通である 。. 1890年、拳銃自殺を図ったゴッホの死を見届けたテオ。 ゴッホが死の直前に書いた最後の手紙には「君はただの画商ではなく、絵を共に作り上げ. 映画『ゴッホ 最期の手紙』の感想&レビューです。前半はネタバレなし、後半からネタバレありとなっています。原題:Loving Vincent 製作国:イギリス・ポーランド(年) 日本公開日:年11月3日 監督:ドロタ・コビエラ、ヒュー・ウェルチマン. ゴッホの最晩年--弟テオへの手紙の分析を通した一考察 La derniere annee de Vincent Van Gogh: une analyse de ses lettres a Theodore, son frere 寺迫 正廣 TERASAKO Masahiro Professeur a la Section du Dynamisme culturel du Departement des Sciences ゴッホ テオ 手紙 humaines, Faculte des Sciences humaines et sociales, Universite prefectorale. ここで、いま一度ゴッホの耳切り事件が起こったアルルの黄色い家について考察してみましょう。 1888年に南仏アルルに到着したばかりのゴッホは、当時の民宿に当たるカフェ(酒場)の2階に宿をとります。しかし家賃を払えず、小さな家を借りることに。それが、事件の渦中である黄色い家です。 ゴッホは家賃の支払いのため、そして交流が居心地よかったパリで出会った画家たちに手紙を送り、自身が理想とした「芸術家たちの理想郷」をアルルの黄色い家を拠点として作ろうと考えます。しかし、精神を苛まれるゴッホの提案はほとんどの画家に断られ、ポール・ゴーギャンひとりだけが押し切られる形で受け入れたました。 ゴーギャンは当時北仏で絵画制作をするなか借金を抱え、生活に困ってゴッホの支援者である弟のテオの金銭援助を自身も頼ろうと考えていたともいわれています。自ら進んでゴッホと共同生活をしようとしていたかというと、ネガティヴな回答があるでしょう。 ゴッホが描いた「黄色い家」は現在ゴッホ美術館に所蔵されています。また、南フランスのアルルにあった黄色い家は戦火で喪失し、現在はその場所にゴッホの描いた《黄色い家》の絵画のレプリカがあり、黄色い家があった場所に建っている白い建物の壁には「TERMINUS & VAN GOGH」と記されています。 耳を切り落としたという、今では語り継がれる芸術家の逸話でも、当時でいえばおぞましい事件のあった黄色い家そのものを訪れることはできませんが、それが惜しまれるのか、はたまた幸いかどうかは、その地を訪れる人によるところでしょう。.

ゴッホ テオ 手紙

email: uvaqiqix@gmail.com - phone:(886) 483-6827 x 5123

山下 真司 スクール ウォーズ 主題 歌 - ネイサン

-> アナル ちゃん
-> オードリー ヘップバーン ジバンシー ドレス

ゴッホ テオ 手紙 - オレンジ きまぐれ


Sitemap 1

吉沢 エロ -